看護師

うつ病を治療して笑顔を取り戻す【スマイルカムバック】

薬による改善の期待

病院

うつ病の治療は精神面のみならず、脳神経にも関与していることもあり、近年では、内科や脳神経外科でもうつ病の治療を提案してくれています。症状の軽さによって、治療も短期間で済む魅力がある一方、薬による身体への負担もまだまだ問題視されています。

心を健康に保つために

悩む男性

うつ病は現代において多い病気です。昔もありましたが、うつ病が病気であると認識されだしたのは最近です。症状としては、食欲がなくなることや不眠などが挙げられます。治療していくためには、周りの人のサポートも大切です。

完治を目指して

うつ

近年、うつ病は色々な治療方法が確立されてきています。うつ病になっても、適切な対処方法と治療をすれば、完治できることをしっかりと理解することが大切です。悲観することなく、心と身体の両方を、上手にコントロールしてゆきましょう。

薬物療法よりも画期的

ベッドと女性

回復ではなく緩和

うつ病の治療を行う精神・診療内科などの専門医師が在籍する病院では、軽い症状の患者や子供、高齢者に対し、身体に負担をかけない治療を提案してくれています。しかしながら、気を付けたい点となるのが、まだまだ症状の改善や緩和、回復においては研究段階でもあるため、個人差がある点が問題視されています。例えば、うつ病患者の悩める症状の1つが不眠ですが、この症状を逆手に取った断眠治療も提案されています。生体リズムを整えられる治療法であり、朝方にうつの症状が悪化しやすい患者に効果が期待されています。また、自律神経のバランスの乱れなどの不調によって、うつ病を発症するケースも報告されていることもあり、筋肉の緊張をほぐし、血行改善を図ることで症状を緩和させることも治療方法に提案されています。例えば、お灸や鍼、マッサージなどによる療法ですが、交感神経と副交感神経のバランスが左右されるため、再発しやすい難点も挙げることができ、緩和を目的としていることに気を付けたい点と言えます。

副作用リスクが少ない

うつ病の治療には、薬物・精神療法が周知されていますが、近年の医療機関においての療法の特徴となるのが、副作用リスクの心配が少なくなる認知行動療法が展開されています。現代病としての情報が広がりを見せはじめ、うつの症状が比較的に軽い段階において、専門となる病院に足を運ぶ患者数も年々増えはじめています。軽めの症状であれば、薬物治療よりも身体への負担を軽減できる認知行動療法が効果を発揮する結果報告も挙げられています。この療法により、うつ症状の1つである悲観的な思考を変えることができるため、再発防止に繋げることが可能です。さらに症状の度合いによって、薬物療法と併用して治療効果を高められる利点も挙げられています。その他、うつ病は脳の血流が低下することで発症していることも医療機関による研究によって明確になり、磁気刺激によって脳内の活動を本来の状態に戻し、回復させる治療も提案されています。意欲などの経路に作用する刺激を与える療法で、副作用リスクが少ないのが特徴です。

心のガソリン切れ

医者

うつ病の治療方法は一般的に薬物療法と心理療法となっています。しかし、薬物療法では医師の指示通りきちんと服薬することが大切となります。最近では、薬物療法よりも、副作用のリスクが低い磁気刺激治療法という治療方法も選択することが可能です。

最低1年は注意が必要

男性医師

うつ病を発症した際に治療のために服用する抗鬱剤には種類が多く、患者によって合うものと合わないものがあります。ですので、服用した効果がどうであったかを次の受診時にできる限り正確に医師に伝えることが大切です。また、うつ病は再発率の高いので、最初の発症から1年は無理をせず経過観察をする必要もあります。