看護師

うつ病を治療して笑顔を取り戻す【スマイルカムバック】

完治を目指して

気が付いて、うつのサイン

うつ

ストレス社会と言われる現代、うつ病患者は年々増加しています。うつ病は、単なる落ち込みや気分の暗さだけではなく、脳の伝達物質に、異常をきたし、脳の働きが低下して発症すると言われています。遺伝や生まれつきなどではなく、誰にでもかかる可能性はあるのです。ここで、見逃していけないのは、本人や周囲の人が、普段と違う相手に気付いてあげることです。早期の対処と治療が、重度うつ病になるのを防ぐからです。訳もないのに、苦しい、哀しい、不安感がずっと続く、睡眠が浅い、身体が痛いなど、いつもと何か違う変化が起こった時は、まずセルフチェックしてみましょう。大きなストレスを受けた時、生活に変化が生じた時、愛する人との別れなど、起因となる出来事を思い出してみましょう。脳の問題なので、なんの思い当たることもないのに発症してしまう場合もあります。「自分がうつ病になるわけない」と、否定から入らず、まずは自分に起こっている、身体のサインと心のサインに耳を傾けてみることです。そして、おかしいと思ったらすぐに治療にむかいましょう。

頑張らずにマイペースで

うつ病治療の基本は、心と身体の充分な休養です。そして、行動認知や、カウンセリング、薬物治療なども併用したりします。セロトニンは疲労やストレスを軽減させてくれます。仮説として、この伝達物質が減ることも、うつ病発症の要因とされています。医師と相談しながら、身体に合った薬を処方してもらいましょう。最近は、うつ病の時に軽い運動をすることもいいとされています。規則正しい生活とバランスの摂れた食事、質のいい睡眠で、ゆっくり期間をかけて頭の休養も取りましょう。また、家族や周囲の理解も治療のために、必要不可欠です。うつ病を発症した人は、いつでも疲れていて、いつでも自分に価値がないと思ったり、強い罪悪感に苛まれている人が多いのです。そんな時は、家族や周囲の人間が、温かく見守り、決して攻めることなく、優しく接しましょう。今は、行動認知療法がいいとされています。行動認知とは、ものの考え方や、受け取り方で、気持ちや行動を楽な方向にコントロールしてあげる治療方法です。自分に起こっていることが現実なのか、ひとつひとつに目を向け確認することで、うつ病を回復の方向に導いてあげましょう。