看護師

うつ病を治療して笑顔を取り戻す【スマイルカムバック】

心を健康に保つために

現代に多い病とは

悩む男性

現代では昔と違い、様々な精神的な病気があります。それは、今までなかったのではなく気付かれなかった病気とも言えます。例えば、うつ病は昔ではただやる気がないだけだと言われていましたし、それを病気だとは誰も認めませんでした。うつ病が世の中で病気であると認められたのは、つい最近のことと言えます。ただし、メランコリーという名前で海外においては認識されていました。最近になってこのうつ病という病気が社会的にも認められ出したことで、その治療を積極的にしようという動きがあります。うつ病は悪化すれば命の危険がある重大な病気といえますが、1番の問題点は、当の本人がうつ病であるということに気づかない点にあります。治療をするということを避けてしまう、また拒否してしまうということが多いのです。そのため、その症状が悪化してしまい、最悪の事態を招くことになるのです。うつ病を治療していくには、この病気であるということを本人に気付かせること、早期発見をするために周りの人のフォローが必要不可欠なのです。

その症状と治し方は

うつ病になったかどうかを見極めるポイントはいくつかあります。特に自分自身でおかしいと思った場合はチェックをしてみるべきです。うつ病の症状は気分的に憂鬱であったり、何に関してもやる気がでなかったり、何に関しても興味がわかなかったりといったようなことです。自分の周りがそうでないかをチェックするポイントもいくつかあります。うつ病になる人のほとんどが、特に体調も悪くないのに食欲がなくなったり、不眠になったりします。そういった症状を見受けた場合には、病院での治療を勧めるべきです。また、ひどくマイナス思考になることもうつ病の特徴です。普通であれば気にしないようなことも、うつ病の人であれば思いつめてしまいます。また、自分が思いつめていることに気づかず、自分に価値がないというように考えてしまうのです。治療法としては、そのような自分を受け入れていく練習をしたり、自分の胸の内を他の誰かに明かす練習を少しずつしていくといったようなことを試みます。うつ病の人が心も体も健康になるためには、周りのサポートも必要です。