看護師

うつ病を治療して笑顔を取り戻す【スマイルカムバック】

最低1年は注意が必要

抗鬱剤の効果の共有が大切

男性医師

うつ病の治療をする際に服用するのが抗鬱剤です。しかし、抗鬱剤といっても患者ごとに合う抗鬱剤と合わない抗鬱剤があり、そうした個人差に応じるために抗鬱剤にも多様な種類があります。また、うつ病を発症した患者が受診する精神科や心療内科での診察は患者に対する医療面接が中心で、必要に応じて患者の家族にも話を聞くというものです。そして医師は患者やその家族から聞いた情報だけを元に抗鬱剤に関する具体的な処方を行います。従って、特に初診の際に処方する抗鬱剤は試験的な側面があり、種類や服用頻度、1回の服用の際の服用量には抗鬱剤の効果を確認するための仮のものという側面があるのです。ですので、その後により効果的な治療をしていくためには、処方された抗鬱剤の効果についてより正確で具体的な情報を医師にフィードバックすることが重要なのです。1度目は比較対象が無いので難しい面もありますが、2度目の処方以降に精神科や心療内科を受診した際は、相対的な比較も踏まえた上で抗鬱剤の効果を医師にフィードバックをすると、説明も容易になりますし、医師にとっても分かりやすい情報となりますので、毎回の受診の際には抗鬱剤の効果を医師に説明できるように準備しておくことが大切です。

再発率の高さに要注意

また、うつ病の治療の際にもう一つ注意しておくべきことがあります。それがうつ病の再発率の高さです。うつ病の症状が出なくなっても、うつ病を発症した際と同じような生活に戻るとうつ病が再発してしまうというケースは少なくありません。ですから、うつ病の症状が治まったとしても、当面は発症以前よりもストレスの少ない生活を送ることが肝要なのです。そしてうつ病の症状が出なくなったことで、一旦抗鬱剤の服用を止めたとしても、少しでも症状の再発が疑われた時は、精神科や心療内科を受診することが大切です。その結果、必要であれば再度抗鬱剤を服用することになるのです。また、症状の再発が無かったとしても、少なくとも最初のうつ病の発症から1年間は経過観察が必要です。というのもうつ病は季節の変わり目に発症や再発をしやすい病気であると共に、最初の発症時と同じ季節に再発するケースも多い病気だからです。ですので、最初の発症時と同じ季節になる1年後が経過観察の目安となるのです。従って、うつ病が発症した場合、少なくとも治療と経過観察で1年は無理をしてはいけないと考える必要があるのです。